喫茶さつ樹

後天性精神障害者の生きた記録

ストゼロ理論ニート

こんばんはわわ、ニートタイムきららで好評連載中のご注文は抗うつ剤ですか?主演のさつきと申します。

 

最近すこぶる鬱が悪化してまして体の動かない日が増えて一言で表すとクソでした。

 

まあうん、本当になんか本とかゲームとか楽しくなくて、ボヤーって布団で倒れて夜になって、酒を浴びて朝まで気絶してを繰り返しており絶賛アル中上映されてます。ええ。

 

一つね、天才的なことを思いついたんです。

 

 

体調が悪いときって、マイナスじゃないですか。

 

 

 

そうだ、ストロングゼロでゼロをかけることでマイナスをゼロにしてしまえばいい!!!!!!

 

 

そうと決まれば即実行うつ病ニートコンビニへ向かうのであった。(本当はお母さんに買ってきてもらいました。まじで家から出たくなかった)

 

 

カシュッと鳴る幸せの音に私は何度助けられたのだろうか。

 

ちなみに昨日も一昨日もストゼロ掛け算論を提唱し、お酒を飲みましたがストゼロではなく氷結だったのでダメでした。

 

空きっ腹にストロングが流れてくる、ああ、俺は今、生きている。うつ病ニートでも生きているんだって。教えてくれるんだ。でも、こんな生き方じゃ無いと生きてるとわからないくらいしょうもない人生なんだぞって言われてる気もするんだ。

 

悲しみも愛しくて流す涙も俺に代わってこの暑い夏にストゼロの周りの水滴が代理を全うし、泣いてくれる、それに応えられないようじゃ俺はいつまで経ってもゴミクズだと、そう思ったから。思うだけです。

 

最近趣味がふて寝なんですけど、生きてて嫌になってずっと目を閉じる、そしたら夢か現実かわからないところで彷徨うんです。

 

嫌な記憶

 

怖かったこと

 

夢の中で何度も繰り返される

 

 

でも、起きているともっと強い痛みで悲しんでしまうから、目を閉じるしかなくて、夢だから痛くない、怖くないって思ってると、また現実と夢の中の2つともに怯えてまた、目を閉じた。

 

スマートフォンが鳴っている。怖いから、音を流すんです。30分くらいある大食い動画とか、楽しそうな賑やかな音を流します。そしたら少しでも楽になれるかなと、

 

なれませんでした。

 

嫌だから寝て、嫌だから寝てを繰り返してたらだらしない大人の出来上がりです。400円でストゼロ5本買わせろ〜と言いながら繁華街を屍のように歩き回る姿は正しく令和、東京五輪の開会式さながらではありませんか。素晴らしく日本文化を取り入れ、オタクソング流してネットの話題になりたい姿が見て取れます。

 

えー、ここまで書いた結果ですがやはりストゼロ掛け算論は論文としては不十分でした。異議もないのにとりあえず異議ありって言うとペナルティ食らう理由がわかりました。(逆転裁判2から食らうとか聞いてねえよ)

 

ニートニート・チョッパーとか言ってましたが実はアルバイトはしてますごめんなさいというかアルバイトとか実質ニートだと思ってるので…黙ってました…すみま千円ください…

 

 

全く!!!!!いい人生!!!だった!!!!

 

去年をもっかいやりたい。