喫茶さつ樹

後天性精神障害者の生きた記録

わからない。わからない。わからない。

生きるって、何?

 

 

楽しいって、何?

 

嬉しいって、何?

 

わからないときありますよね。

 

私が今そうだからです。

 

ココ最近鬱の症状が酷くなってきました。

 

感情が麻痺するんです。

 

でも、悲しいこと、嫌なことだけは、何度も、何度も、骨まで染み渡って、辛く感じます。

 

嬉しかったこと、たのしかったこと、思い出せなくなります。

 

時間が薬なのも知ってます。

 

でも、何度も時間が薬なのを経験すると、この薬である時間すらも、ただの苦痛にしか感じなくなりました。

 

自分と向き合うのがただひたすらに怖いんです。

 

怖いんです。

 

向き合うと昔の辛いことがどんどん押し寄せてきます。

 

それがより怖くて仕方がないのです。

 

一度痛かったこと

 

二度目に痛かったこと

 

それが重なり幾度となく重なった痛いこと

 

自分と向き合うたびに

 

何度もそれが心に、身体に、刺さって痛くて、泣いて、もがくんだ。

 

身体はそんなに痛くないさ、ストレス症状には慣れたからね。でも、慣れても辛いもんは辛いです。

 

痛いことに慣れた人が幸せって思いますか?

 

毎日痛いんだ。

 

他人もそうだって?

 

じゃああなたはさぞかし強いんでしょうね。

 

よかったですね。

 

僕は弱いので、弱いと怒られて、叩かれるんですよ。強いって、いいですね。

 

強いって、素敵だね。

 

強いって、いいね。

 

強いって、うらやましいな。

 

 

 

 

どうやったら、強くなれますか?

 

 

わかる日が来ますか?

 

 

今すぐ助けてほしいです。

 

でももっと報われない人もいるって、怒られて終わるんです。

 

 

だから、がんばります。

 

 

死ぬまでがんばります。

 

 

死ねるまでがんばります。

 

 

そう、言ってくれた人がいたから。

 

 

1878年イ=シニ=カタヲ著

ウラミカナシミ  より