喫茶さつ樹

後天性精神障害者の生きた記録

その言葉の裏にあるもの

連投甲子園です。言葉って表情やいい方でもいろんなとらえ方があるけれどその観て聴いてもわからない気持ちってありますよね。忖度とか、皮肉とか。

 

だから結局正直に話しているとかっていっても相手が信頼していなければ何を言っても意味がないんですよね。

 

だから僕は自分の弱いところを積極的に言うようにしてます。

 

あえて自分の弱いところを知ってもらえたら理解が深まるし後で知ってショックも少ないと思うんです。それを伝えたことで離れた人はふるいにかかって関わってトラブルになることもなくなるんですよね。だから僕は基本的に話し込むときには自分の弱点を話してから意見交換をして正面からできる限り関わろうと思うけどさすがにそれにも限界があるし自分自身の気分の問題もあるから言える日も言えない日もあるしこれ書いて誤解招くのもどうかと思うけどこういう意見の人間もいるって価値観を一方的だけど伝わればいいなと思います。

 

だから何喋っても伝わらない人もいるし少ししか話していないのにわかろうと努力してくれる人もいる。当たり前のことだけれどあえて文字に起こしました。

 

わかる人とたくさん意見交換をして、でもそこだけに執着せずにほかの世界に足を踏み入れて新たな価値観を頭に入れないと言葉の重みも他人の価値も自分の価値までも歪んでしまうからたくさん知らないといけないんだよね。さっきも言ったわ。結局はとにかく知ること、個人によってとらえ方が違うからその人に寄り添える、またはあまりにもかみ合わないから早いうちに区切りをつけて次の人へ行くきっかけにもなると思うしとにかくこのご時世だけどコミュ力が必要なんだよね。俺は文章で表現するのがあまり得意じゃないから対面で会話していろんな発言の仕方や表情で相手の気持ちを汲み取ってこの人と今後どういう付き合いをするのが自分と相手にとって楽で長く続くかを考えてる。

 

まあ空回りしちゃってるんだけどね。考えてばっかで行動に移したら深読みのし過ぎで言葉の裏の裏に行って空回りしてへこんじゃう、難しすぎる人間の感情は理解できない。

 

俺のことを理解してくれる人間が少ないなら俺が理解できる人間も少ないはずだしそういう意味でかみ合う楽しい運命の人が見つかるとうれしいな、だからいっぱい話しかけて経験して賢くなりたい、頭が悪すぎて学術的にはウンコだからモラルを少しでも生かしていい人間関係を作れていけたらいいなって思う、知らんけど。

 

毎度おなじみ殴り書きで何も言いたいことうまく言えないけど記録として残しておきます。万が一ここが遺言の場所になったりしたらめっちゃおもろいと思う。遺言もブログに定期的に置いておけば成仏しやすくなるのかも?

 

デスク変えてからキーボード少し打ちにくいから買い替え検討中だけど財布が火の車だから慣れるまでこれ使ってそれでも不満なら買い替えたいと思います。お金ないけれど。いいキーボードあればいいんだけどぶっちゃけブログ書くくらいしかろくに使ってないから二千円のこのクソキーボードで我慢します。

 

やばいめっちゃ腹減った、ラーメン食いたいけど飲酒してるし部屋に食料無いからさっさと寝て明日の自宅警備員に備えますね。

 

おやすみ