喫茶さつ樹

後天性精神障害者の生きた記録

怖いんだ。何がって?わかんないからだよ。

こんばんは。最近はすごく頑張って生きてます。無職です。

 

ブログ書くのに何を話題にして書こうかなと思てて思ったんです。

 

怖いんだ

 

怖いんですよ。自分で自分の気持ちはリアルタイムで変わっていってそのたびに伝えたいことが変わっていてどんどん関係ないことやはたまた忘れてしまって大切な気持ちについて思い出せないのが怖いんですよね。

 

わからないことがわからない、それと同時に理解できない自分が怖いんですよね。もしいつか理解できないことに遭遇した時に自分の価値観で判断をして適切な行動ができるかとか、いろいろ考えちゃうんです。それで知りたいことが結構あってもその知りたいことを知る脳みその容量が足りなくて、バカな自分に失望する。

 

勉強したくてもできない、なんでできないのか考えてもできない。わからない。だから体でいろんな経験をすることにして去年過ごした。でも足りない。暗記パンがこの世の中にあればよかったのにね。

 

多分おれ後天性でうつとかいろいろあるけど検査したら何かしら先天性の障害がある気がする、決めつけは良くないけれどそう思うから今度元気のある時に検査してより自己理解について深い深い心の洞窟に入っていきたい。そうすれば何か見つかる気がする。そうしないと何かをするきっかけにもならない気がするんだ。

 

全く関係ないけど武術習いたいんです。例えば柔道でひたすら投げられて重力がどう動くかを体で理解がしたい。本当はジークンドーやってみたいけど機会もお金もないし行動力が鬱のゴミなのでなんかいい感じで誰か知り合いが習ってたら甘い汁吸っていい経験にしてみたいなって思う。

 

頭じゃわからないから体で理解したほうが早いなとずっと思ってるけど頭も体では?とか言われるかもしれないかもしれないかもしれないかもしれないけど違います。

 

服とかでもコーデを脳内で想像できなくて試着してやっとこれダメやんとかこれダメだと思ってたら似合うじゃん!とかあるんでそういうタイプの人間なんじゃないのかと思う。

 

つーか頭痛がやばい。痛みが神経痛みたいな痛み方する、やばいのに我慢しないとあかんからすると家に帰ってツケ回ってきてクッソしんどくなって天井みて時間たって本や筋トレ、ゲームや友達に返すラインが後回しになっちゃう。もっと体力あればいいんだけど痛みの我慢、それが終わらないことへの恐怖、受け入れたくない気持ちとかあって結果として自分一人で勝手に苦しんでいるってわけ、誰に話しても解決しないと思うし向き合うしかなくても悔しんだよおれはよ

 

あとおなかもクッソ下すし吐き気も発熱もある。助けてくれ。

 

それもう何年も前からだしそれとして

 

親友に手紙を出しました。

 

届いたのかな、このデジタルの時代に手紙なんて面白いよね。でも書いていると涙が止まらなくなったんだ。俺は思った。ずっと涙が出るのは気持ちが腐らないために涙が出るんだと。水は止まってると腐る。涙もそれと同じで流れるから生きている、心が動いてるんじゃないのかなとか思ってきた。知らんけど

 

なんかいいこと言った気がするから終わりにします、おやすみなさい。お疲れ様