喫茶さつ樹

後天性精神障害者の生きた記録

愛されなくていいよ君がいるなら

こんばんは。精神障害者手帳二級こと俺様です。

 

いいですね。つよそうですね。社会的には無価値なうんこマシーンです。

 

いっつも思うけどタイトルをどうしてもポエムっぽくしたいんです。

 

あ、このまえこのブログを読んでると教えてくれた人たちありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。毎度おなじみ一発書きです

 

俺悩んでんだわ、今の暮らしでいろいろ本読んでみたり新しいことにチャレンジして一人で悩んで抱え込んで相談する人もいなくて、僕の話は人を選ぶのでどうにもならなくて結果として一人で考えるしかないってわけになっちゃうんですよね。

 

まず最初に俺を認めてほしい

 

今新しいことに寝たきりから立ち上がって挑戦して、結果も残したのに誰も褒めてくれない、違う、褒められたい人に褒めてもらえない、たった一人の子に褒めてほしい、認めてほしいだけでそれ以外の人の言葉なんて春の風のように過ぎ去っていくんだ。俺は結局あの子にずっと執着しているみたいで、無意識の中でね。不思議だよね、権力も金も関係ない遠くに住んでいる人から認めてほしいなって気持ちがあるんだ、普通上司とか身内とか。家族とかそういう身近なところから認められたいとか思うけど俺はなんか違うんだよね。あの子じゃないとダメなんだ。たった一言の言葉でここまで俺はやってこれた、そしてこれからもそうなんだ。

 

でもきっといつか一言でいいからここまでの姿を認めてくれるといいな、それか身近にこの自分をわかってくれて褒められてうれしいなって思う人がいるのかなとか、なんて、思ったりした。うまく言い表せないから空回りしているのかもしれない

 

今の自分の悩みの要因?を箇条書きにします。

 

  • 優先順位がわからない
  • いつ休めばいいかわからない
  • 自分のためか他人のためかが判断できない
  • 知的好奇心に対して脳みそがうんこ
  • 今していることの正しさがわからない

 

ですね、一個前のブログで書いたけどやっぱわからんわ。

 

どうしたらいいんですかね、目の前のことに一生懸命になれば見えてくると思うけどわかんないことって怖いんだよね。まあ酔っぱらってるからしょうがないんだろうけどまた明日気が向いたら書き直そうかな、何がしたいか正直わかんないんだ。

 

立ち止まるよりは空回りでも動くほうがいい気がするんだけど休息が必要なのは確かなんだけど休む方法がわからなくて結局お金になる仕事をするしかないんだよね。

 

まあうまくまとめられそうにないからこれくらいで終わであああああああクソクアオクアオクアオクアオカウオカウオアクオオコココココココココッコk