喫茶さつ樹

後天性精神障害者の生きた記録

正座の導く正しい世界はどこなのか

こんばんは。正座して足がしびれて5分くらい動けなくて笑わられた陰キャです。まじで痺れすぎて刑罰かと思った

 

そういや今日友達と電話してて俺がやりたいことの話を聞いてもらったんです、

 

人を傷つけずに新しいきっかけを作りたい

 

って事なんだけどすごい難しいことだと思う、否定もせず肯定して新しい価値観を作ってあげて色んなことに気がつけるような心を作れるきっかけを与えれるようになれば人生もっと豊かに広い視野で生きていけると思う。俺はもう死にたいけど生まれた命一度きりならたくさん知ってたくさん楽しんで欲しいからさ、俺はずっと、そう思ってた。だから親友の気持ちも変化があって俺にも変化があってより色んなことを受け入れることができた。

 

もちろんメンタル弱い日はできなくても、意識できる日があるだけで人は全然違う生き物になれるんだな〜って、例えば観光地で写真撮ってる人に声かけて皆さんで写ったの記録にしませんか?と声をかけてお礼言われたり、見返り求めてなくてもお礼を言われると嬉しいよね、俺そういうの好きなんよ、金無いけど優しさには無限の価値があるって思うな

 

心のない優しさは敗北に似てるって歌の歌詞があるんだけど本当にそうで、結局自分がやりたいと思った優しさはいいことだけどやりたくないことで気を遣って優しくするのってつまんないし自分のためにならないし自分の気持ちに背いた優しさだから負けてるような気持ちになるなって

 

だから俺は見返りを求めないでできる手軽な親切をするように心がけてて、それでお礼言われたらラッキー、断られたらまあそらそうやろと割り切るように考えてます。ありがとうの一言で救われる人は沢山いるから、俺はその一人や。

 

だからこの心がけをできる限り守れたらいつかきっとどこかの誰かに認められたらいいなって思う、今日は普段よりはポジティブだよ。明日も前向きに生きていきたいな

 

行け!俺!己の成すべきと思ったことを!

 

ってわけでできる限りの優しさを今までされた分恩返しとしてできたらいいなと思ってます。余裕ないけどでもやりたいことだからうまく折り合いつけてやってみます。

 

友達も応援してくれたから俺はやれる限りやって新しい何かを見つけて進むきっかけを作れたらと思ってて、暗い道でも進むことに価値があるからまた凹んだ日はそれはそれで記録して今日は前向きな気持ちだからここらへんで終わります

 

きっといい未来のために一歩踏み出した俺を世界のどこかの誰かが応援してくれることを祈って。ただできなくても責めないでね(笑)